税金・社会保険」カテゴリーアーカイブ

フリーランスできちんと確定申告をしないと税務調査が入る?

フリーランスにとって税金の申告というのは、できれば避けて通りたい問題です。でも、申告しないで放置したり、いい加減な申告をしていると後で痛い目を見ることになるので、きちんと申告をせざるを得ない。 ここで難しいのが、「きちん… 続きを読む »

老後の備えで国民年金基金だけに頼るのは危険!

近ごろはフリーランスの方に会うたびに「確定拠出年金」(以下、DC)をおすすめしています。あいさつ代わりに「老後の備えに何かしてらっしゃいます?」と質問するのですが、「国民年金基金」(以下、基金)をやっている方はたまにいら… 続きを読む »

フリーランスにとって領収書は金券のようなもの。経費が増えると税金がこんなに安くなる

「領収書を集めて経費を増やすと、税金が安くなる」ということはご存じの方も多いはず。では、「具体的にどれくらい安くなるのか」を意識したことはあるでしょうか。 私がフリーランスになって一年目のこと。「領収書はきちんと保管して… 続きを読む »

フリーランスが青色申告に切り替えると税金や保険料がこんなに安くなる。数百万円もの差が生まれることも

もうすぐ確定申告の季節がやってきます。仕事がらいろんなジャンルのフリーランスの方と話をするのですが、何年もフリーランスとして仕事を続けながら、「青色申告」ではなく、「白色申告」ですませている人も多いですね。そういう私も、… 続きを読む »

フリーランスの節税対策。急に売り上げが増えたら、小規模企業共済に加入すると税金を安くできる

フリーランスの一年目でそれなりの売り上げがあったとか、 何年もフリーランスをやっていて急に売り上げが増えたりすると、 次の年は税金や保険料がはねあがります。 まずは所得税。 これまで確定申告をすると源泉されていた所得税が… 続きを読む »

確定拠出年金の老齢給付金は受け取り方を間違えると多額の税金がかかる

個人型 確定拠出年金(以下、「DC」と略します)の加入者は60歳を過ぎると老齢給付金を受け取ることができます。国民年金とは違って受け取り方を指定できるのがDCの特徴であり、一時金としてまとめて受け取ってもいいし、年金とし… 続きを読む »